レンタル掲示板

2011.08.12 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

<< ペット・サウンズ | main | ガンダムOO21話簡易感想 >>

2008.03.01 Saturday

パニッシャー見ました

トム・ジェーン,ジョン・トラボルタ,ロイ・シャイダー,ジョナサン・ヘンズリー
¥ 1,861
普通
ANTI HERO PUNISHER
マーヴル最強のおっさん。
昨日の金曜ロードショーで
放映していたパニッシャーを見た。

厨くさいなーと思ったけれど、
日本の特撮よりは数倍マシな出来だと思う。

マフィアの息子を殺害したFBIが、
マフィアに復讐されて周囲の民間人
もろとも妻子を殺害され自分も大怪我を
負い、マフィアを殲滅する制裁者として
戦うといったストーリー。

生身の人間なのだが、従来のアメコミ
ヒーローと異なり、犯罪者を殺害するため、
やっぱそういう殺意の有無が原因なのか、
アメコミでは最強クラスのおじさん。

現実では出所しても犯罪を働く人間が
それなりにいるうえに、法では裁ききれない
悪党(たとえばマフィア)もいる。

そういう現実を背景に、従来のヒーロー
よりもえげつないアンチヒーローが生まれた。
悪人狩りっていうのは
デスノートの前から扱われたテーマだった。

と言っても、ライト君のように自分が神だとか
新世界を作るとかは言わない。平和のためには
悪を徹底的に滅ぼさなくてはならないとの
信念のもと、市民からテロ視されながら
孤軍奮闘する1人の人間なのだ。

随所、随所で厨くさいシーンはあるけれど、
それでも見れる作品であるのは、人間を
描いているからだろう。

ヒーローアクションは人間を描ければ
それで合格と言える単純なジャンルだと思う。

あれこれ言い訳しながら虚勢を張って
偽者の何か、すなわちキャラを描いて
人間を描けないということはなかった。

こういうアンチヒーローなら、
従来のヒーローを否定した新しい
ヒーロー像として有りかなと感じられた。

南光 | 日々の生活 | 15:22 | - | -

2011.08.12 Friday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 15:22 | - | -