レンタル掲示板

2011.08.12 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

<< ロトの紋章を久々に読んだ | main | ガンダムOO簡易感想その12 >>

2007.12.22 Saturday

原作エロゲーとエロ要素


今期、視聴した新規アニメは地味に
OOとナイトウィザードだけだったりする(汗)

バンブーブレードは感想読む限り見ていい気も
するのだが、なんだか見る気しないんだよなぁ…

とはいえ…やっぱ今期は
原作エロゲー・エロゲー風味が多すぎた。

原作がそうでなくても、そういう風味のも
結構放映されちゃってるしなぁ……



私が読んでるナイウィザやOOの感想サイトで
それ系のアニメが言及される時が時々あったんで、
そういう時だけ今どうなってんのかなーと、
感想サイト回ってましたけど…

そうだなぁ〜、これ系の
アニメの感想を読んで思うのは、

エロゲーはエロがなければ
成り立たずというのを感じる。


で、何度か言っているように私はアニメには
エロやグロを出来る限り排除すべきだと思う
んで…避けたり否定的に話すんだよね。


「『ef』の11話、学校の屋上のシーンの
あれはマズイだろ」と行きつけのサイトで
書かれていまして、何があったのかと
感想サイトを巡ってみれば・・・


いや〜さすが新房・大沼コンビ。
こういう演出だけは熱こめてるな

(皮肉)

感想記事をいくつか読む限り視聴者の反応は良さそうだ。
こう思うと福田監督は気の毒としか言いようがない。
彼はガンダムでやっちゃったからなぁ……

このコンビと同じ路線を進んだら今頃は
巨匠と言われていたでしょうに…気の毒です。


新房・大沼コンビといえば、毎度毎度
まったく中身のないストーリーと
くだらんギャグのワンパターンが特徴的です。
(まー、脚本の責任もあるだろう。)


原作の名前だけ借りて、毎回おなじ内容を
繰り返すので、進化も何もあったもんじゃないが
ヲタクにウケるパロディと、やたらエロい萌えキャラ、
それらを最大限に魅せる演出のため、大人気という、
そういう人向けの作品を連発するこのコンビ。


音楽でも、モー娘とかキャラソンがヒットする
時代ですが、その裏で名曲が生み出されているのも
事実。あーいう大衆向けの作品も必要なんでしょう。


うまく振り分けられてるというか……

あーいう内容がウケる時代だからこそ
半端な作品は認められないし、だからこそ
黒の契約者やモノノ怪、ZOMBIE-LONE、
ひとひら、ぽてまよ等の良作が生まれる。

ただ、そこまで作品として高いアニメは
年に数本あるかないかなんですけど、
今年は良作がたくさんあったし…
まだ、アニメオワタ♪にはなってないか。

そういう意味ではあのコンビが作る
ヲタク用アニメは意味があるんだろうね。


そういうアニメは、『ファン』の連中が
勝手に高級な品物のように崇拝してるし、
売る側はガッポリ搾り取れるし、良い傾向だ。


さて、本題…というか
原作エロゲー・ギャルゲーアニメには
エロが不可欠ということに触れてみる。


例のefや、他にはSchool daysで思ったのだが、
これら作品でヤラしい描写を省いたら、
表現としては不十分だったなと感じる。

School daysは、伊藤誠の利己的な生き方を
表現するには、絶対に女とのあーいう描写が
必要だったし、恋愛に憧れを持っていた少年が
実際の恋愛(あくまで「あの世界での」ね)に
幻滅して堕落していくということを表現するには
数名の女と、ひたすらあーいうことをするのは
ピンポイントな表現方法だった。

efにしても、12歳(なんですか?)の少女が
屋上であーいうことをするのも、陰鬱な世界や
その後の重い展開を考えれば、そういう表現を
取るのがベストだろうし、逆にそうしなければ
作品観が統一されなかったでしょう。


まーefは11話しか知らないので、その前で
明るい話があったら、「さすが新房だな」と
評価下げるけど…どうなんだろうな実際。


とにかく、これ系のアニメって
何故か暗い展開に走る傾向があるようなので
作風や世界観を損なわず表現することを考えれば、
あーいう描写は、むしろあるべきなんですよね。

描くべきだったし、正解だったと思う。
それが有ると無いとではガラっと変わるからね。


エロゲーに関しては、ユーザーから、
「PS2移植を考えているため、エロが不必要な出来
なのだ」というコメントがあるのだが、むしろ
エロが関わる作品は、そういう描写が外せない
と思ったりして。外しても構わない作品に
それを盛り込むのは蛇足だと思うんだよね。


とはいえ、基本的に私はエロゲー・それ原作・
それ風味の作品というものは、そんな「作品」と
呼べるほどのもんじゃねーだろーと思いますよ。



客観的な意見として、エロゲー・それ風味の漫画・アニメを
名作だとか神だとか言うのは、うんまぁ…その…そういうことだよ!

ある部分を指して評価することは出来るけど、
全体評価としてベタ褒めってのは出来ないな…

School daysだって、割と高く評価はするが、
だからって良作リストには入れたくないし、
入れるほどのもんじゃない。最後もアレだし。


やっぱ、漫画・アニメ・ゲームにおいて
エロが混ざると話の質が下がるんですよね。

媒体の問題でして。小説でも批判点として
「詩的な文体」が上げられることがよくある。

詩では許されるけれど、小説では無理なことが
あって、その逆もまたしかり。表現形式によって
表現内容はある程度、限定されてしまう
んですよ。


単純な話、いくら表現が見事でも、
小説のような文体で論文を書いたら…ねぇ?


アニメや特撮や漫画に触れる場合、
この点を無視する人が実に多い。



先のSchool daysも、これが小説の形式を
取ったならば、もっと良い出来になっただろうし
マスコミにもそれほど触れられなかったでしょう。

Schooldaysで、あーいう描写をしたのは
必要だったとは思いますよ。思いますけど、

でも、アニメでそれをやっていいかと言えば
それは、もちろんダメに決まってるじゃん。


漫画ならまだともかく、アニメや特撮では
その形式で表現するにふさわしくない内容と
いうのは確固としてありまして、どうもそれに
逆らって新境地を開拓しようとする製作者がいるみたい。


で、大体にしてコケるので
ヲタク好みの作風になる。

結果的に芸術性は失われ、
逆に大衆性が増してしまう。

そしていつのまにか、支持を稼いで
DVDを買わせるようになるわけ。



だから、そんな風になるなら最初から
そういう作風を盛り込むのはやめろというわけだ。


表現にしても、黒の契約者やモノノ怪の
それは、上品で生々しくなかったです。

どちらも重い世界観なので色気は必要だけど、
抑えてたからねぇ…言ってみれば香りなんですよ。

香り付けを、そんなベッタリ付けると
それは匂いとなって、下品になる。

ほのかにフワリと空に漂うのがベストで…
じゃあSchool daysやefは抑えるべきだったかと
言えば、あれらはそういう表現が最適なんでね…


まとめると、原作エロゲーのアニメは
18歳未満に見せられない言動を盛り込んだほうが
出来が良くなるけど、たとえ出来が良くなっても
他のジャンルの良作には叶いはすまいとなりますね。

基本的にエロはないほうが良いです。
シリアスな内容にしても、どこかヲタク臭い
要素が盛り込まれているので…基本あれ系は
評価低いんですよね…それでもウケるし楽しい
と言われるし面白いとはなるだろうが、作品の
評価としては、他のジャンルには劣る気がする。

南光 | | 15:05 | comments(10) | -

2011.08.12 Friday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 15:05 | - | -

コメント

>18才以上にみせられない
「18以下に」か「18才以上にしか」という意味でしょうか?
今回の記事の内容には賛同します。
私はschool daysを見ていましたし、efも見ているんですが、深夜帯によくあるエロというものは基本的に男性向けに発信されてるものだと思うので、女性の皆様に申し訳ないな〜と思っていたり。あと、「萌え」というのもその仲間だと思います。軽い男尊女卑があるのだと考えております。では。

モロコシじじい | 2007/12/22 9:00 PM

>モロコシじじいさん
>「18以下に」か「18才以上にしか」という意味
まったくもってその通りで、単純に誤記でした。
指摘していただいてありがとうございます。

>基本的に男性向け
アニメが基本的に男性向けな以上、
そうなってしまうんでしょうねぇ……

男性中心の主観で書かれてるのは
そうだと思いますよ。女性がエロくないかと
いえば、むしろタメ息つきたくなるぐらい
汚れた心臓持ってる人もいるわけですが、
だからってアニメでやっていいことと悪いことは
ありますからね。

女性でも男性中心の主観を
受け入れている方もいますけれど、
仮に全女性がそうだからって、
それが正しい証拠にはなりませんし。

結果的に作品として質は下がってるのだから、
無理にそういう内容を表現しようと
しないほうがいいんですよね。実際のところ。

南光 | 2007/12/22 10:38 PM

>女性でも男性中心の主観を
受け入れている方もいますけれど

そいつはあくまで、一部の女の人だけで、むしろ、それ以外は、そういう男性中心の考え方がどぎついと、男のほうで、評価が高くても、鋭い指摘とか、冷ややかな評価を与える人も私の回りでも、結構いますからねえ・・・。
こういう男性向けのが多くなると、そういうところにまで目が届かない人も多いですし、女性向に目を向けていても、男性にとって、都合のいい所にまでしか目を向けていないという人も、少なくないですからね・・・。
そういうのに、目を向ける場合、より、慎重に取り扱わないといけないと思うのですけど。

男性向けだからというより、そういう開きおなりや、目が行き届かない部分が、作品の質を下げる部分は確かにあると思いますね。
どんない、評価の高い作品でも、ちょっと気を抜けば、すぐに、そういう落とし穴に落ちてしまうことは避けられません。
男性向けの場合、そういう率が特に高いというだけで。

キーン・グルーミンス | 2007/12/22 11:39 PM

>School days
誠を必要以上に良い人っぽく描かないで徹底的に嫌な人を貫いてくれたのでそれなりに良かったです。
まあそれでも他のアニメと比べるとやっぱり評価は落ちちゃいますが。

>監督
あまり信用できないwikiを見たら「自分個人のネタを原作がなんであれ薦める故に批判されることもある」って書いてありましたね。
そう見ると皆が皆同じパロディが面白いとは思ってない人もいるみたいです。

>原作エロゲ作品
私自身の考えでは「どういったジャンルのものが人気なのかは時代や社会的背景と関わるから日々変貌していくのは必然的だ」と思ってるので原作が何であれ、自分の価値観を当てはめて評価してます。
とりあえず気になる作品は必ず見ます。
・・・最近は本当に興味を引くような作品が生まれてきませんが(苦笑
オリジナル作品が少ない次点でもう半ば諦めかけてます、日本のアニメは。

>ef
某サイトでその11話だけ拝見しましたが・・・う〜ん、やっぱり1回しか見てないので何とも言えません。
それでもSchool days以上に露骨でしたね。

コロンブス | 2007/12/23 12:29 AM

 初めてのコメントですが、すみません長くなってしまいました。

>基本的に私はエロゲー・それ原作・それ風味の作品というものは、そんな「作品」と呼べるほどのもんじゃねーだろーと思いますよ。

 私もそのような気がします。原作の人気を利用しているだけで適当な作品が多いと感じます。また、無駄にヤラしい描写が多くて見ていて萎えてしまうものがあったりして残念です。
 今まで、そうゆう原作が18禁作品の中でよかったものといえば、「うたわれるもの」ぐらいかなあ、と思っています。あれは原作とは少し視点が変わっていて、視聴者が見ていて納得がしやすい内容になっていました。(原作では、主人公が鉄扇で槍と互角に激戦を繰りひろげたりするなど、非常識で人間離れしたことをよくやっていましたから。)なので、原作より流れがしっかりしていました。ギャグ要素も後半ほとんどなくなり、後半の話が話が重く暗い内容になって少し残念でしたが、作品としては良くなったと思っています。
 他の作品では、「Fate stay/night」は良かったと思いますが、話数の制限からか、最後がしっかりしていなかったと感じました。
 
>18歳未満に見せられない言動を盛り込んだほうが出来が良くなるけど…

 全体的に見て、原作が18禁である作品は、18禁の要素を抜くと、話に重みがなくなって展開が単調になってしまうと私も感じます。販売対象が元々違うのでしかたのないことなのだと思ってます。それでも一部の人達が、見たり買ったりするから、そうゆう作品は作られ続けるのだろうな。
 それに、いい作品作っても売れるかどうかは別問題だから、製作者達も大変なのでしょうが、あまりいい傾向じゃないですね。

ひなたのゆめ | 2007/12/23 1:56 PM

>キーン師匠
女性が男性にはわからない作品の欠点に
気づくってのは相応にしてあることですよね。

腐女子には、エロゲーみたいな漫画や
アニメのファンもわりといるんで、女ってまぁ
そりゃ当たり前のことで野郎は避けたがってる
事実だけど、なまじ男よりエロいのもいるんだよな
と思って、コメントに書いたのですが、
冷静に考えればヲタクの女が女性全体の価値観
を表しはしませんからね(男性のそれを同じく)。

やっぱり、あからさまな描写は嫌われるだろうし。
そういえば、後藤沙緒里んがアニメとはいえ
パンチラが満載で恥ずかしかったと、こいこい7
でコメントしていたそうです。さすが…さおりんです。

南光 | 2007/12/24 12:49 AM

>コロンブスさん
>自分個人のネタを原作がなんであれ薦める故に批判されることもある」って書いてありました

原作ファンには嫌われているってことは
よく聞きますね。そりゃ、あれだけ改変すれば
黙ってはいないでしょうよ。
とはいえ…そういう人は一部でしょうが。

私が見たサイトでは、ひだまりスケッチは
面白いと思うと書きながらも、
DVDの特典に絶望先生の宣伝があったので、「てめぇの作品なんか興味ねぇよ!」
とキレてました。

そう何年も支持されはしないと思いますけど、
まークリーンヒットな作風ですし、モー娘も
私がガキの頃から未だに存続してますし。
まーこの件に関しては「勝手にしろ」ですね。

南光 | 2007/12/24 12:59 AM

>ひなたのゆめさん
>無駄にヤラしい描写が多くて見ていて萎えてしまうものがあったりして残念

つよきすのアニメ版を見て、話自体は悪くないのに
ところどころ無駄にエロい描写があったり、
シリアスとはいえヲタク臭いオーラは拭いきれなく、
これが原作エロゲーじゃなけりゃなーと
思ったことがありましたよ。

>うたわれ、Fate
時々、それは不必要だろとツッコミ入れたくなる
箇所はありましたが、基本そんな露骨にエロ
盛り込まなかったし、それなしでも成り立って
いましたね。

>全体的に見て、原作が18禁である作品は、18禁の要素を抜くと、話に重みがなくなって展開が単調に

という部分から推測するに、やはりエロゲーって
基本、暗い話が多いのでしょうね。
で、クラナドを見るかぎり、シリアスの合間を
ギャグで埋めるって感じでしょうか。

まークラナドについては、私は否定的なので
ここではとやかく言いませんが、私が原作
エロゲーに望むことは、「いかにエロゲー臭さ
・ヲタク臭さを取り除くか」なんですよ。

アニメになった以上、エロゲーの雰囲気で
作り上げるのは良くないと思うんです。

というか、大体の原作エロゲーが駄作に終わり
売れた作品も原作が有名なヤツばかりという
のは、やっぱエロゲー臭さが抜けてないから
なんですよね。こういう事態を回避するには
1度、とことん作風を…それこそ新房じゃない
ですが、変える必要があるはずです。
(新房の場合、何でもかんでもエロゲー風味、
ヲタクの大好物に改変するからダメなんですが)

南光 | 2007/12/24 1:14 AM

以前も書きましたが、ここまで強烈に書いているのに荒れてないサイトも珍しいです。

そもそも私は原作がエロゲーのアニメは一つも作って欲しくないと考えているのですが、それはそれで売れなくなるからできないのでしょうね。非常に複雑です。
深夜なのだから子供なんて見ないと思っていたのにパソなり何なりのせいでそうもいかなくなってきましたし。

>という部分から推測するに、やはりエロゲーって基本、暗い話が多いのでしょうね。

全体的な量から言うとそうでもないのですが、少なくとも名作と呼ばれているものの大半はそうであると推測しても大丈夫だと思います。ギャグやら明るい話なんてやる人の主観やツボ次第で良し悪し決まってしまいますし。ハレのちグゥみたいにただのギャグじゃ終わらない話こそが後に名作となり得ると思うので(私の主観です。すいません)
つよきすはギャグメインの作品で名作と呼ばれているものですが、あれはその道の人じゃないとわからないギャグが半分です。あと、圧倒的なボリュームから生まれるゲームだからこそ受け入れられるものだと考えられます。アニメは原作とは別物でしたから多分南光さんは受け入れられたのだと思います。

エロ要素やグロ表現など、18禁要素を抜いて面白い作品は、エロゲーとしては失格だと思うのですよ私は。そういった表現をする必要のないアニメという領域には相容れないものであると思うのですが。

撥 | 2007/12/25 12:50 PM

>撥さん
>強烈に書いているのに荒れてないサイトも珍しい

実際、仮閉鎖するまで、結構荒れましたよ。
本人に自覚があるかどうかは別として、
まず文章自体をよく読まずに否定して来る人は
実に多かったです。
(そういうのもあるんで、私は基本的に
某集団には好意的じゃないんですよね。)

基本的にそういう連中は、高度なムードには
ついていけないので、ネタ記事を削除して
コメントを不可にしたら、あっさり退散してくれて
とても助かりました。そのせいで、読者数が
減ったのは確かですが、聞かない連中より
聞く人々に書いたほうが健康的ですからね。
精神的に。

>新房作品
私自身、「ぱにぽにだっしゅ」はまぁまぁ楽しんだ
クチで、当時は「所々エロいな」とは思っても
こういう作風も有りかと受け入れていましたが、
『自分が面白いかどうかは作品の評価とは
無関係だ』と思いますので……

>つよきすは〜わからないギャグが半分
エロゲーというのは買う人間が限られますから
そういうのも全然OKだと思うんですよね。
(エロゲーは作品と呼ぶほどたいそうな
物じゃないというのを前提にした意見ですが)

しかし、アニメとなると例え深夜といえど、
それを『作品』としたいならば、いかにその
原作のエロゲー臭さを抜くかが問題でして。

エロ描写にしても、原作で不可欠と言えよう
性的要素を残して、かつエロゲー臭さを抜く
のが大事です。同じエロでも上品なそれと
下品なそれがありますからね…
(よくヌード絵画とエロ本を同列に見て
芸術だと叫ぶ男子はそこらへんをわかっていない)

南光 | 2007/12/26 4:39 PM

コメントを書く