レンタル掲示板

2011.08.12 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

<< Beautiful Amulet | main | 良質のギャグ〜ぽてまよ〜 >>

2007.08.14 Tuesday

今週のぽてまよ5


どこの貴族だよ!!
爆笑しました。ぽて子の妄想は最高だ♪

今週は、裸眼の素直くんのお話と、釘宮の家に行くお話でした。
ここで水着の回を入れたかぁっ!!クリスマスやらバレンタイン
やら季節はずれのお話ばかりだったが、季節を一巡して
ここに来て、季節ネタを盛り込んだかぁっ!!

でも、ぐちゅ子は泳がなかったよ!!




さりげなくいるのに〜〜〜!!!
まぁ、別にいいんだけどね。


メガネがないと何も見えないため、思うとおりに
フォークをメロン(黄色スイカ?)に刺せない森山素直くん。
メガネかけて食えよって突っ込みは自重。

さぁ、そんな素直くんを見かねたぽて子!


←はい、あ〜ん♪
ぽて子「しゅ…にゃお…」

























…Wow!…わお!


ウチにも欲しいですよ。何度も言うが、この作品最大の長所は
あえて、1,5頭身のSDキャラをヒロインにしたところ。

これがラブコメになったら、すっごくつまんない。
ある日、突然冷蔵庫からピンク髪の美少女が現れて
勝手にオレのこと好きになるストーリー。…うわ

1,5頭身がこれをやるからこそ、微笑ましく、
これがラブコメのノリでやられたらつまらんですたい。

特に、ぽて子みたいな性格がそのまま人間になると、
うざいような気もしなくもない…しな。

ほか、気になった点を少々。




彼は高校生です
夫婦ではありません。他人同士です。
『おじゃる丸』のカズマの親父を連想するのは筆者だけだろうか?

最近は「むったん!!」しか言わないヤツだが、
なぜかキャラが立ってるのが笑える。どうでもいいけど
右が久川さんですか。で、釘宮の兄が小西さんって
どんだけ脇役が豪華なの!?しかし、小西さんは兄バカを
よくやるよなぁ…そして演技が上手い(笑)




二次創作的には、むったん×ねねだが、
この作品でそんなことがあるはずもなく、
というかこの外道がむったんにそんな感情おこすはずもなく。

つーか、靴はいた足で、むったんの頭踏むってどうよ!
と、微キレな筆者だが、釘宮さんの演技自体は見直した。

ああ、ただ、ねねの「尻尾振ってる犬はつまらん」発言には
共感。必死に抵抗されながらも屈服させるのが良いのであり、
嬉々として受け入れられるのはあんまりつまらんわな。

個人的に、むったんのようなキャラは大好きです。
脇に見えるが、実は仕切ってるんだよな、こいつ。

特に素直くんには完全に兄貴ポジションとってますし。
あえて、ぽて子に執着するのも、こいつの面倒見のよさに
起因するのではあるまいかな?あるまくまいか。



お昼のドーナッツをぽて子にだいなしにされ、キレるぐちゅ子。
考えてみれば、ぐちゅ子とぽて子の全面対決は久々ですね。

サブヒロながら出番や他キャラとのからみは極端にないが、
きっと終盤はなんか目立つんでしょ?たぶん。

とまぁ、そんな今週のぽてまよでした。
これ、終盤か最終回がシリアス(悲しそう)な展開に
なりそうで、ちょっと恐くもある。真面目なところは
真面目で、人と人とのふれ合いを重んじるところがあるので、
出会いに始まり、別れに終わりそうで…ぽて子が突然いなく
なったりなんて、いやだなぁ・・・

来週はお母さんのお墓まいりと、夏祭りのお話です。
風流だねぇ・・・この作品、生活感を大事にしてますよね。
来週も楽しみだ。

ぽてまよ (1)
ぽてまよ (1)

南光 | ぽてまよ | 12:44 | comments(13) | trackbacks(4)

2011.08.12 Friday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 12:44 | - | -

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
トラックバック機能は終了しました。

この記事へのトラックバック一覧です:

» ぽてまよ ぽて11・ぽて12 [パズライズ日記から]
今回は裸眼素直とプールのお話。 春の次は夏のお話、折り返し地点でちょうど開始から作中で1年経ってしまいました(笑)。 ぽて11は、制服に白い割烹着は確かにいいかも。 でも姉にあれは、やっぱり相当なシスコンぶりですねぇ。 素直の眼鏡は哉純と衝突して

2007/08/15 3:50 PM

» ぽてまよ:6話 [気まぐれ語りるーむから]
ぽてまよ・6話「素敵な生活/夏といえば、プールと」の感想。

2007/08/15 6:04 PM

» ぽてまよ 第6話 [Anellia Neoから]
ぽて11 素敵な生活 制服の上に割烹着は斬新とは思いますが萌えはしないと思います。ただ、人の価値観は十人十色ですから、それに萌える人もいるのでしょう。ちなみに私は割烹着よりエプロン派です。 哉純は小さいお弁当箱を見てこれじゃ足りないと言うものの、そ

2007/08/15 11:47 PM

» ぽてまよ 第6話「素敵な生活/夏といえばプールと」 [バラックあにめ日記から]
&#63893; ねねちゃんについては、後で猛烈に語りますので、まずは細かい所から。 「展示物には、お手を…」で(これから考えオチ行きますよ)と助走をつけて、みかんの頭を引っ掴んで「可動部を無理な方向に」、そしてねねのモノマネで「類似品にはご注意下さい

2007/08/16 12:32 AM

コメント

 南光さん、お久しぶりです。
またよろしくお願いしますね。

 ぽてまよ、1話見て「これは今期1番の大穴作品になるだろうな」と予想してたら見事大当たりでした。
まほらばを製作したJCスタッフさんだからでしょうか、日常的なギャグやストーリー、そして人間の絆が普遍的に描かれていますね。
 今週のぽてまよですが、ねねのドSっぷりはネタさくら様に匹敵するんじゃないかと(苦笑
以前、南光さんがおっしゃっていたきんぎょ注意報のお嬢様キャラみたいに「外見は可愛らしいけど中身はすごい」というキャラを久しぶりに見た気がします。
何処となく、まほらばの珠実を思い出すのは気のせいじゃないですね・・・

コロンブス | 2007/08/15 1:41 AM

南光さん、コメント復活したのですね。またよろしくお願いします。

ぽてまよは、良作が多い今期でも非常にほのぼのとしていて他の良作とは違った作風の良作ですね。ギャグアニメでありながら、色々な人との触れ合いを丁寧に書いているところが、笑える反面和むので、どんな時でも見られる面白い作品ですね。

今回の話、やはり面白かったです。なにげにどっちでも裸眼素直が困ってるのを助けてる場面がありましたし。あのような光景は見ていて和みます。それにしても、春日乃家って濃いキャラが多いですよね。ドSねね、特殊メイク母、シスコン兄者ズ。考えてみると凄い家族ですね。

個人的には今回はむったんが良かったです。あの酷使に耐える反面素直に対しては引っ張ってるって感じがして良いです。

最終的にはどうなるにせよ、この温かみある作風を維持してほしいと思います。

悠灯 | 2007/08/15 8:43 AM

>コロンブスさん
どうも、お久しぶりです。じっさい、今回も
コメント欄をオフにしようかと悩んだのですが、
よっぽど私に恨みがないかぎり、この程度の
感想にいちゃもんはつけられんだろうと思った
次第です。

>日常的なギャグ
私もそこを高く評価しています。どうも私は
ここ最近の、予備知識がないと笑えないパロディ作品はあまり受け入れられなくて…
敷居が高いんですよね。

『ぽてまよ』って子供や主婦にも見せられる内容で、私の妹も気に入ってくれましたよ(最初、かなり警戒されたが)。

>きんぎょ注意報のお嬢様キャラ
これは、なつかしい記事をよく覚えてくださいました。『きん注』の藤ノ宮ちとせは、「おどきぃいいい!!!」と一喝して天候を変える人間です(笑)

萌え文化がはびこる中、萌えと相反する要素を持つ女は削除される一方ですからねぇ…その解決策として腹黒キャラや毒舌キャラが出てきたんだと思ってますよ。

>まほらば
エロールが出てきてますからね。バレンタインの台詞などまんまですし。かぶると思いますよ、それはやっぱり(笑)

南光 | 2007/08/15 6:56 PM

>悠灯さん
どうもー、お久しぶりです。
むったんみたいな、自然に仕切る人間は
私も好きです。無理にリーダー風をふかさず、ごく自然に。あーいう3枚目はおいしいですよね。

>ギャグアニメでありながら、色々な人との触れ合いを丁寧に書いている

じっさい、コメディ作品っていうのは『ギャグをもってテーマを描く』のが本質ですからね。海外ドラマの『フルハウス』や、アメコミの『ピーナッツ』(スヌーピー)なんてのがよい例でしょう。

そこらへんを勘違いして、笑わせること、ウケてもらうのを目的に作ったコメディ作品(これを私はお笑い作品と称してます)が、目立ってますからねぇ・・・

いえ、これは私のあてずっぽうじゃなくて、演劇の世界でも古くから『喜劇』ってジャンルがあるくらいで、ちゃんと根拠がある意見なんですよ。

『ぽてまよ』は、絵柄やノリは現代風ながら、そこんところをわかっているんで、見てて面白いんだろうなと私は思います。

南光 | 2007/08/15 7:08 PM

南光さん、ご無沙汰です。覚えていらっしゃらなくて当然かとおもいますけれど、以前はゆうと名乗ってたものです。             ぽてまよ。見ていて、和みますね。普通に18:00ぐらいに放送しても何の問題も無い、いやむしろしていいと推薦できる作品ですよ。1話だったかに、素直君とぽて子が一緒にベッドで寝るというシーンがあったのですが、そこにいやらしさとかは全く無く、兄妹みたいだなぁと、そんな二人を優しく見守りたい。そんな思いだけが浮かんでました。                                そういう作品ってなんだか初めてお目にかかった気がします。昔にはあったんですかね? 

ふぁえる | 2007/08/15 10:36 PM

>ふぁえるさん
これは普通に6時にやっていい作品ですよね。
土曜の朝でもいいですよ。ええ、そりゃもう。

ローゼンメイデンみたいにヒットしてくれない
かなぁと密かに願っております。

昔でこういうなごむアニメですか?
『赤ちゃんと僕』ですね。あと、ノリ的には
『あたしんち』で柚子彦が主役の回とか。

家族を描くって作品自体が少ないけど、
海外ドラマなら結構ありますよ。

『ハイスクール・ウルフ』って海外ドラマで、
怪奇マニアな兄を変態よばわりして嫌っている
妹がいるんですが、ここぞって時は暖かい家族関係をかもしだしてくれて…ね(再放送されないかな)

南光 | 2007/08/16 12:46 AM

お久しぶりです〜。って、流石に覚えてませんよねぇ…(苦笑)
色々大変でしたね……。自分がコメとかしてもまたややこしくなりそうだったんで、はたから見てた…という感じですかね。このサイトにはアニメの好みとかが大きく左右されましたからねぇ…ずっと来てたんですよ。
なにはともあれ、復活なされて一ファンとしては嬉しい限りです♪
昔は色々ローゼンについて語りあいましたね☆笑☆またヨロシクお願いします。
 
さて、ぽてまよ。コレ、ホントにいいですよね。癒しそのものですよ。
萌え…とかじゃなくて単純にかわいいというか…。
もちろん、ぐちゅ子がツボです
ガムテで修復って……反則ですよ。アレは…☆笑☆
ぐちゅ子と京ちゃんのやりとりが好きですねぇー。
もちろん素直とぽて子のやりとりも好きですけど。
ねねもイイキャラだ…あの声で毒舌…と☆笑☆
でも、何気にぽて子と素直にお菓子をあげてたおじさんが好きだったり…☆笑☆…わかりますかね…?
でも、ここまで嫌いなキャラがいないアニメも珍しいですよ。ローゼンでは人形師ローゼンが嫌いですし(苦笑)

子供と一緒に観ても問題ないですよね。まぁ、ちょっと大人なネタがありますが☆笑☆
 
とか言ってますが、まだ今回のは観れてないんですよ。単行本では読んだんですが…。
やっぱりアニメが終わってから単行本は買うべきですね。
もう思いっきりネタバレだし…。アニメの面白さが半減ですし…(苦笑)
 
っと、久々だったんで長くなりましたね。長々と失礼しました。
改めて、またこれからもヨロシクお願いします。

sunlight | 2007/08/16 2:25 AM

>なぜかキャラが立ってるのが

素直=天然&マイペース、みかん=素直のことになると暴走気味、むったん=巻き込まれ体質で振り回される 京=マイペース&センスが妙 ねね=わかっているとは思うけど、確信犯的に面白がる傾向がある

ということで、あの面々のなかで、突っ込み担当をこなせそうなキャラといったら、彼しかいないですから・・・。

つっこみ要員がいない作品というのは、それはもう、まとまりとかがなくて、しまらなくなこと請け合いですから。
どれだけ、地味に見えても、突っ込み担当は不可欠です(笑

>むったん×ねね

そういや、同じ作者の別の作品で、この手の組み合わせで、まさに、女の方が、恋愛感情持ってるのがあったのですが、むったんの方がマダマシでは、と思いたくなるような光景でしたし。

本人からすれば、災難なことには変わりないのでしょうけど。

>コメディ作品

笑わせることすら、笑わせれば、手段は問わないというか、笑いというのは、元々、強者を笑うというものなのですが、弱者を笑うという方向に変わってきていますしね・・・。

>海外ドラマ

私は、アルフとか好きでしたねえ。

| 2007/08/16 6:49 PM

ああっ、名前を描くのを忘れていました・・・。

キーン・グルーミンス | 2007/08/16 6:50 PM

>Sunlightさん
どうもー、もちろん覚えてますよ。
だいぶ記事を削除したうえ、コメントされないのを
いいことに毒舌記事ばかり書いていたんで、さすがにアレかと思っていたんですが、意外とコメント多くてちょっとビックリです。見捨てない人は見捨てないんだなぁ・・・

ぽてまよは、一人一人が完全に狙ったギャグキャラじゃないから好感もてるんじゃないかと思いますよ。

人間ってのは一人にしても多様な面があると思うんですが、完全に性格や言動がパターン化されてるキャラクターは、逆に平凡ですからね(それは魅力がないとも言える)。

あとはローゼンメイデンと違って、ぽてまよは人間の闇には触れないから、ローゼンみたいなのは出てこないんでしょうね。

南光 | 2007/08/16 9:31 PM

>キーン師匠
ツッコミが弱いアニメってのはありますよねー。
具体名はあげませんけど(むしろキリがない)、
電波どもがうごめいているにすぎないって感じです。
もう、笑うというより見てるだけでイラっと来ますよ。
(しかもそういうのほど萌えやお色気でごまかす)

逆にツッコミが強すぎるのも、「ほら、笑って」と
言っているようで笑うには笑うんですけど、飽きますね。グダグダと長文でツッコミ入れるなんてそうでしょう。

>、元々、強者を笑うというものなのですが、弱者を笑うという方向に変わってきていますしね。

八つ当たりに近いギャグ、視聴者の普段たまったストレスを消すためにあるかのようなギャグは確実にありますね。悲しい自己主張というか、電波のほうが正しいのだと言わんばかりのギャグは、萌えや絵柄でごまかしたってねぇ…と思うときはありますよ。それこそツッコミの問題でいえば、ツッコミっていうのは本来ボケ担当より立場が上なんですが、ボケに振り回される損なお人よしって感じで。

南光 | 2007/08/16 9:48 PM

コメント復活ですか。
もう書き込みはしませんが、応援してます。
>ぽてまよ
いい感じですね。
深夜帯のアニメなのに、周りに人が居ても気まずくなりません。

モロコシじじい | 2007/08/17 11:16 AM

>モロコシじじいさん
「ぽてまよ」の感想ぐらいなら、別に大丈夫だろうと
思ってコメント復活させました。まぁ、それでも大丈夫かなとちょっと悩みましたけど。

>深夜帯のアニメ
去年は…といっても、そんな全部みたわけではないけれど、いろいろとツッコミ入れたいのがありましたからねぇ…深夜だから恥ずかしい作風にするのか、恥ずかしい作風だから深夜になるのか、まぁどっちだっていいんですけど、とりあえず今年は意欲ある作品がけっこうあって嬉しいです(そういう作品があいも変わらずヒットしないのが残念ですが、静かなブームにはなっているようですね)。

南光 | 2007/08/17 8:32 PM

コメントを書く